雨樋工事

雨樋の役割、ご存知ですか?

屋根周りをぐるりと囲む雨樋。
雨樋は屋根に降った雨を集め、スムーズな排水を促したり、建物自体の耐久性を維持したりする役割を担っています。
では、もし雨の日に雨樋が劣化していれば、どのようなことが起こるでしょうか?
良くある例としては、軒先から垂れた雨水が跳ね返り、外壁やエクステリアが汚れてしまうこと。
このくらいなら、まだ大丈夫と思われますが、事態が進行すると、大雨の際、軒を伝って雨が内部にまで侵入し、部屋が水びたし…ということも。
晴れの日は必要のない雨樋ですが、私たちの生活を影ながらひっそりと守ってくれている部分なのです。
雨樋としての役割をきちんと果たせるように、定期的なメンテナンスを行いましょう。

雨樋が破損する主な原因

砂や落ち葉、ゴミのつまり


雨樋に落ち葉やゴミが詰まると、水がスムーズに排水されず、溢れてしまいます。
落ち葉だけでなく、動物の巣やバドミントンのハネといったものも詰まる原因となりやすいので、定期的なチェックが必要です。

経年劣化


雨樋にも寿命があります。
素材や環境にもよりますが、約20年が経過すると穴が開いたり、変形したりしやすくなります。

温度差による雨樋の変形


日々の紫外線や温度差で雨樋に伸縮が起こり、変形することがあります。
このような雨樋は割れやすくなっているので、大きな事故になる前に交換することをオススメします。

雨樋の傾斜異常


排水をスムーズに行うために、雨樋には傾斜がつけられています。
何らかの原因で、この傾斜が逆になったり、並行になったりする場合もあるので、注意が必要です。

風や雪による破損


雨樋は、暴風や雪の重みで破損する場合があります。
こういった自然の影響による破損は、保険が効く場合もあります。

一覧ページに戻る