屋根工事

お住まいの屋根の状態はご存知ですか?

普段何気なく過ごしていると、建物の劣化には気付かないもの。
ましてや屋根部分は目に見えないので、状態を把握されている方は少ないのではないでしょうか?
新築から10年が経っている方は、屋根の点検をするようにしましょう。
日々雨風や日差しを浴びている屋根は、意外にもデリケートな部分。
定期的にメンテナンスを行い、建物の耐久性維持することが大切です。

屋根工事にはこんな種類があります

葺き替え


既存の屋根を全て取り払い、新しい屋根に拭きかえる工事。
他の工事に比べて、費用は高くなりますが、下地部分から直すため耐久性が高まり、長い目で見ると経済的◎

補修工事


部分的な雨漏りの原因部分を見つけて補修を行ったり、破損した瓦などの交換を行う工事。
定期的にメンテナンスすることで、水気に弱い下地部分への浸水を防ぐことができます。

カバー工法


既存の屋根の上に新しい屋根を被せて耐久性を高める工事。
撤去作業や廃材の処分が無いため、工期も短く、低コスト、また環境にも優しい施工です。

 

このように、屋根工事といっても種類は様々。
どの工事にもメリットやデメリットは存在します。
当社が責任を持ってお客様の屋根の種類や状態に合わせて、最適な工事をご提案いたします!

一覧ページに戻る